京都市農業協同組合 本店 075-314-0898 京都市農業協同組合 本店 075-314-0898 お問い合わせ MENU

JA京都市の自己改革

改革1

地域に根ざした
都市農業の実践

1
JA京都市は、組合員のためのJA京都市独自GAP実施に向けた取り組みを強化します
ダミー

取り組みの方向

JA京都市版GAP(注1)の策定と実践
1.安定した生産活動の展開
  • JA京都市版GAPの策定と実践により従来の生産工程を見直し、安全で安定した農産物の生産活動の支援に取り組みます。
  • JA京都市版GAP制度の導入農家の拡大と一般消費者への制度の周知に取り組みます。
2.地域社会との共存
  • 輪作体系の効果的な見直しや除草作業など病害虫発生を低減する環境に配慮した農業を提案し、農薬の適正使用に取り組みます。
  • 安全性に配慮した農薬散布器具の普及により環境負荷の低減に取り組みます。
  • 農業機械を使用する際の騒音防止対策など近隣住民へ配慮した農作業の実施に取り組みます。
3.食の安全の確保
  • JA京都市版GAPに基づく農薬の安全かつ適正な使用を指導し、生産履歴 使用状況の点検に取り組みます。
  • 保管農薬の管理や使用済み農薬容器の廃棄、使用機材の清掃など農薬管理の厳格化に取り組みます。
  • 注1GAPとは、「Good Agricultural Practice」の略称であり、農業において食の安全性向上や環境の保全、農作業の事故防止などについて産地や農家が事前にリスクとなる要因を検討し、農業生産活動の持続性を確保するため農業の生産工程の管理や改善に取り組むべきポイントを整理して実践・管理すること。

改革1の取り組みを見る

ページトップへ戻る